早朝の内視鏡検査 morning

早朝の内視鏡検査 morning

早朝の内視鏡検査

このようなお悩みはありますか?
  • 仕事で1日休むことができない
  • 検査のために1日スケジュールを空けるのが難しい
  • 子育て中なので、検査のために時間を作ることができない

など

早朝内視鏡検査なら忙しい方も安心して検査が受けられます

当院は、内視鏡専門医が鎮静剤を使用して苦痛を抑え楽に受けられる胃カメラ・大腸カメラ検査を行っています。朝の早い時間から内視鏡検査が受けられるので、午後に予定を立てることも可能です。

早朝から行う胃カメラ検査

当院では、朝の9時から胃カメラ検査を行っています。当日の混雑状況や鎮静剤の有無によって変動しますが、早ければ10時頃にはクリニックを出ることが可能です。胃がんは、40歳を過ぎると発症リスクが高くなります。早期に発見することができれば、内視鏡による治療で完治が見込めるので、40歳を過ぎたら1年に1度、胃カメラ検査を受けましょう。

早朝から行う胃カメラ検査

早朝から行う大腸カメラ検査

一般的な大腸カメラ検査は、午前中に下剤の服用を行い、午後から検査を始めるので、検査のためにほぼ1日拘束されることから、検査を躊躇されることがあります。少しでも早く終わらせて午後からは予定を入れたい方のために、当院では早朝の大腸カメラ検査に対応しています。朝の6時頃からご自宅にて下剤服用を開始していただき、10時頃からクリニックで検査を行います。大腸カメラ検査自体は、15~30分程度で終了となります。その後は、鎮静剤が体から抜けるまでリカバリースペースで1時間ほどお休みいただきます。医師の診察とお会計を済ませたらご帰宅となります。お着替えなどの時間も含めて、12時頃にはクリニックから出られます。

早朝から行う大腸カメラ検査
注意事項

早朝の大腸カメラ検査を受ける方は、朝6時から下剤服用を開始する必要があります。事前の診察時に、下剤の服用の仕方や便の状態確認について詳しく説明させていただきます。当日は、下剤を飲み切って排便が落ち着いてからご来院ください。また、鎮静剤を使用した検査の場合、ご自身でお車や自転車の運転ができないので、公共交通機関またはご家族の送迎でご来院をお願いします。

当院の内視鏡検査の特徴

鎮静剤を使用して
眠った状態で検査が受けられます

当院では、鎮静剤を使用してウトウト眠っているような状態で胃カメラ・大腸カメラ検査を受けていただけます。また、検査で使用する内視鏡スコープは、細いものを用いていますのでお体への負担も軽減しています。リラックスした状態なので、スムーズに短時間で検査が行えます。

当院の内視鏡検査の特徴
胃カメラ・大腸カメラの同日検査に対応しています

当院は、胃カメラと大腸カメラの両方を同日に行うことが可能です。検査前の食事制限なども1度で済ませることができます。

土日も
内視鏡検査が受けられます

平日は忙しくて検査を受けることが難しい方のために、当院では土曜・日曜の内視鏡検査を実施しています。今までスケジュールの調整ができなかった方も、お気軽にお越しください。

当院の内視鏡検査の特徴
大学病院レベルの次世代内視鏡システムを完備

当院では、大学病院レベルの高度な検査が可能な次世代内視鏡システム「LASEREOレザリオ6000」を導入して内視鏡検査を行っています。明るいレーザー光を照射することで、より鮮明な画像を取得しモニターに映し出すことができます。また、画像強調観察が可能な「BLI(Blue Laser Imaging)」や「LCI(Linked Color Imaging)」など独自の機能が搭載されており、粘膜表面や毛細血管の構造など微細な変化も検出可能です。

寝たままの状態で
リカバリースペースへ移動

鎮静剤を使用して内視鏡検査を行った後は、寝た状態のままストレッチャーでリカバリースペースまで移動してお休みいただくことができます。検査後の体の負担に配慮して、楽な姿勢のままで移動してお休みいただけます。

当院の内視鏡検査の特徴
女性医師による内視鏡検査を行っています

当院では、女性医師による胃カメラ・大腸カメラ検査を行っています。男性医師による内視鏡検査に抵抗がある女性の方にも、気軽に検査を受けていただけます。ストレスや緊張は、体に力が入って検査時の負担につながります。女性の方が安心して検査が受けられるように配慮しています。

経鼻・経口選べる
胃カメラ検査

胃カメラ検査は、鼻からスコープを挿入する経鼻検査と、口からスコープを挿入する経口検査からお選びいただくことができます。どちらの検査も、不快感や苦痛を抑えて楽に検査が受けられるように、細部にまで配慮して行っております。

当院の内視鏡検査の特徴
負担を軽減する無送気軸保持短縮法

大腸は曲がりくねって人によって形状が異なります。さらに、癒着や強いねじれが生じている場合も珍しくありません。手探りで確認しながらスコープを挿入すると、検査時の痛みや不快感の原因になります。大腸カメラのスコープを挿入するときは、無送気軸保持短縮法で大腸を圧迫しない高度な手法を用いて検査を行っています。

検査中に見つけた大腸ポリープは、その場で切除可能

大腸カメラ検査時に見つけた大腸ポリープは、その場で切除することも可能です。検査と別日に改めて切除する必要が無く、事前の準備も1度で済みます。

前がん病変の大腸ポリープを切除することで、大腸がんのリスクを予防することができます。形状やサイズ、個数などによっては、入院が必要となる場合があります。その際は、高度医療機関を紹介させていただきます。

炭酸ガス送気で腹部膨満感を軽減します

大腸のヒダやシワの内側の隠れた粘膜も見逃さずに観察するために、大腸を膨らませる必要がありますが、従来の空気と比べて体への吸収が早く安全性の高い炭酸ガス送気を用いることで、検査後のおなかの張りを解消することができます。

院内下剤に対応しています

大腸カメラの事前準備で必要な下剤の服用は、ご自宅と院内からお選びいただくことができます。下剤の服用自体に不安がある方、下剤服用後に当院まで移動するのが不安な方は、院内下剤がお勧めです。下剤の服用中に不明点やご質問があれば、お近くのスタッフが対応いたします。当院では、トイレ付の専用スペースを完備しています。個室になっているので、プライバシーが守られて安心してお過ごしいただくことができます。

当院の内視鏡検査の特徴
Web予約
お電話でのご予約はこちら TEL.000-000-0000
事前Web問診
LINE予約
求人案内
TOP