大腸ポリープ polyp

大腸ポリープ polyp

日帰り大腸ポリープ切除

当院では、検査時に見つけた大腸ポリープの日帰り切除(内視鏡的切除)に対応しています。大腸ポリープは、大腸粘膜にできる隆起した病変の総称です。一部の大腸ポリープは、大きくなってがんに変わる可能性があります。進行がんの場合、リンパ節や他の臓器に転移する可能性があり、大腸カメラで切除するのは難しく手術などが必要になります。

大腸ポリープを内視鏡で切除することで、大腸がんの予防になります。当院では、大腸カメラ検査時に見つけた大腸ポリープの切除を行っています。

日帰り大腸ポリープ切除

日帰り切除の安全性について

当院は、大学病院レベルの高度な内視鏡システムを導入して大腸カメラ検査を行っています。特殊な光や拡大、画像処理によって微細な粘膜病変も観察が可能です。大腸ポリープの形状、サイズ、構造、発生場所についてしっかり観察して、切除が可能か見極め判断することで、日帰り切除の安全性を高めています。大腸カメラ検査と大腸ポリープ切除は、どちらも経験豊富な内視鏡専門医が担当いたします。

検査と同時に切除することが難しいのは、主に術後に出血や穿孔を起こす恐れがあるもの、切除しても取り残す可能性があるものです。サイズが大きい、大腸がんの疑いがある、深層部まで食い込んでいるといった場合は、連携している大学病院など高度医療機関を紹介して、速やかに治療を受けていただくようにしています。

日帰り切除の安全性について

大腸がん予防のために

大腸がんのほとんどは、良性の大腸ポリープが次第におおきくなって一部ががん化することで発症します。そのため、大腸ポリープの段階で切除してしまえば、大腸がん発症の予防につながります。

腺腫と呼ばれるタイプの大腸ポリープは、特にがん化する可能性が高いため注意が必要です。がん化する可能性が高い腺腫の大腸ポリープを見つけたら、基本的に切除対象となります。

大腸ポリープ切除方法

コールドポリペクトミー

特殊なスネアをポリープに引っ掛けて、電流を通さずに切除します。出血や穿孔などの発生が少ない切除方法です。

対象となるのは、比較的小さいサイズのポリープで、一度に複数個を切除することが可能です。心臓ペースメーカーや金属製ステント留置をしている方、抗血栓薬を服用される方も、安全に切除することができます。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

ポリープの形状が平坦なもの、大きいものの場合、薬剤を粘膜下に注入して隆起させてスネアを引っ掛けて高周波電流を流して焼き切ります。

ポリープ切除後に、筋肉より深い層に通電することを防ぐことが可能です。切除した後に、医療用クリップで止血処置を行います。

大腸ポリープ切除後の合併症について

電気メスで切除する方法は、血管を焼いてポリープを切るため、出血が少なく済むという利点があります。ただし治療過程において、稀に出血や穿孔などの合併症を起こすことがあります。切除から2~3日以内に起こることが多く、1週間を過ぎると合併症の割合は0に近づきます。切除から数日間は、合併症に注意して安静に過ごしましょう。

大腸ポリープ切除後の注意事項

ポリープ切除後、1週間は出血や穿孔などの合併症に注意が必要です。合併症を防ぐためにも、以下の点に注意して過ごすようにしましょう。

アルコールは、血流を促進させるためポリープ切除から1週間は禁酒してください。

ノンアルコールビールなどの飲料は、飲んでも構いません。

腹圧がかかりやすい姿勢や服装は、控えましょう。

激しい運動も、1週間程度は控えてください。通常の日常生活やお仕事は特に問題ありません。

検査日が決まったら、スケジュールの調整を行いましょう。

検査後、1週間は長時間の車の運転や飛行機での移動は控えましょう。

入浴は、検査の翌日から可能です。

検査当日は、シャワーのみにしましょう。

切除した日の食事は、消化の良いものを食べるようにしましょう。辛いもの、熱いものは控えてください。

ポリープ切除をした方は、検査後食をお勧めしています。

※ポリープ切除を行ってから1週間以内に激しい腹痛や血便、発熱などの症状がありましたら、すぐにご連絡下さい。また、当院が休診日や診療時間外の場合、お近くの医療機関を受診してください。

Web予約
お電話でのご予約はこちら TEL.000-000-0000
事前Web問診
LINE予約
求人案内
TOP