腹痛 stomachache

腹痛 stomachache

腹痛の症状 受診の目安

緊急性が高くすぐに受診が必要な腹痛

  • 腹痛と吐血の症状がある
  • 腹痛と血便の症状がある
  • 歩いていると腹部に響くような痛みがある
  • 腹部を手で圧迫して離すと痛みが残る
  • 腹痛の他に発熱、頻脈、めまい、貧血などの症状がある
  • 腹部に刺されたような痛みがある
  • 加熱していない魚介類を食べた後に強い腹痛症状がでた
  • 特定の条件下で腹痛が起こる

なるべく早めに受診が必要な腹痛

  • 腹痛の他に発熱や便秘、下痢の症状がある
  • 下痢や便秘を繰り返す
  • 腹痛が慢性化している
  • 食後に腹痛が起こる

様子を見ても問題ない腹痛

  • 一時的な腹痛ですぐに症状が解消される
  • 生理、冷えなど原因がはっきりしている腹痛

腹痛とは

腹痛の症状は、消化器系の疾患だけでなく婦人科系、循環器系、泌尿器系など様々な病気が考えられます。
診察する際は、痛みが起こっている場所、痛みの強度、症状の現れ方、他に症状があるかなど詳しく伺いながら原因を特定していきます。

腹痛とは

腹痛の種類

お腹の上側(みぞおち~おへその上あたり)が痛い
  • 急性胃炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
膵臓
  • 急性膵炎
胆のう
  • 胆石発作
  • 胆管炎
  • 胆のう炎

上腹部の痛みは、胃や膵臓、胆のうの疾患が疑われます。問診や触診の他、必要に応じて胃カメラ検査などを行い、病気を特定します。

お腹の下側(おへその下あたり)が痛い

下腹部の痛みは、小腸や大腸に関連する疾患が疑われます。腹痛症状が起こる代表的な疾患として胃腸炎、過敏性腸症候群、虫垂炎、腹膜炎、憩室炎などが挙げられます。
問診や触診の他に、必要に応じて大腸カメラ検査を行い、病気を特定します。

ストレスによる機能的なお腹の痛み

ストレスによる自律神経の乱れによって、腸の知覚過敏や便通異常によって腹痛が起こることがあります。

腹痛の診断・検査

外来診察にて問診、触診、聴診などを行います。腹痛以外に気になる症状などがあれば、診察時にご相談ください。診察を行ったうえで医師が必要と判断した場合、当日または後日に追加で検査を行います。

超音波検査

超音波検査は、超音波を照射して反射状況から異常を確認する検査です。腹部の広い範囲で検査できるので、内視鏡検査と比べて汎用性の高い検査です。

胃カメラ検査

胃や十二指腸に異常があると判断した場合、胃カメラによる精密検査を行います。胃カメラ検査は、スコープの先端にカメラが付いていて、食道から胃、十二指腸の粘膜を直接観察することができます。

胃カメラ検査
大腸カメラ検査

大腸に異常があると判断した場合、大腸カメラによる精密検査を行います。大腸カメラは、肛門からスコープを挿入して、大腸粘膜の状態を直接観察することができます。検査中に見つかった大腸ポリープは、内視鏡で切除することも可能です。

大腸カメラ検査
Web予約
お電話でのご予約はこちら TEL.000-000-0000
事前Web問診
LINE予約
求人案内
TOP