げっぷがよくでる burp

げっぷがよくでる burp

げっぷ

げっぷとは、体内に溜まった空気が胃や食道から逆流して排出される症状のことです。早食い、ストレス、無意識に空気を多く呑み込むなどして、げっぷは日常的によく起こる症状です。しかし、胃や腸の働きが低下する、食べ物の消化不良、便が滞留してガスが溜まるなどして起こるげっぷには注意が必要です。重篤な疾患が隠れている可能性もありますので、気になる症状がある方は、お気軽にご相談ください。

げっぷとは

このようなげっぷには注意しましょう

以下の症状は、受診が必要です
  • 胸やけを伴うげっぷ
  • 胃もたれを伴うげっぷ
  • げっぷの症状が長期間続いている

げっぷは、生理現象なので基本的には特に問題はありません。しかし、げっぷの他に胸やけや胃もたれなどの症状がある、長期間にわたってげっぷが続くなどの症状は、消化器内科へご相談ください。

以下の症状は、様子を見ましょう
  • 炭酸飲料を飲んでげっぷが出た
  • 早食いをしてげっぷが出る

ストレスの影響で、胃腸機能の働きが低下するとげっぷが出やすくなります。

げっぷの原因

胃の中に溜まった空気が口から外に排出されるげっぷは、

  1. 過度なストレスによって胃腸の働きが悪くなる、消化不良が起こる
  2. 胃腸の病気
  3. 便秘でガスが溜まる
  4. 偏った食事
  5. 姿勢の悪さ
  6. 過度な噛みしめによる唾液の分泌過多

など様々な原因が考えられます。

げっぷがよく起こる胃腸の病気

逆流性食道炎

胃酸を含む胃の内容物が食道へと逆流する病気で、酸っぱいげっぷや胃痛、喉の違和感、のどの痛み、胸やけ、食欲不振などの症状が起こります。

逆流性食道炎
胃潰瘍

胃酸過多によって胃壁が傷ついて潰瘍ができている状態です。酸っぱいげっぷ、みぞおちの痛み、食欲不振、吐き気などの症状があります。進行すると、出血が増えて吐血や下血などの症状が現れます。

胃潰瘍
胃がん

胃がんによって胃と腸のつなぎ目が狭窄を起こすと、食べ物や空気が下に流れていかずに胃の内圧が上昇してげっぷがよく起こります。その他に胃痛や腹部膨満感、食欲不振、体重減少などの症状が現れます。

胃がんについて
機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアは、胃痛、胃もたれ、腹部膨満感、吐き気などの症状があるのに、検査で異常が見つからないのが特徴です。胃や食道粘膜の知覚過敏や胃酸分泌過多によって、呑酸やげっぷの症状が現れます。

機能性ディスペプシアについて

げっぷの対処法

機げっぷの対処法として、以下の内容を参考にしてみてください。

  • ゆっくりと食事をする
  • ストレスをため込まないようにする
  • バランスのいい食事を心がける
  • お腹を温める
  • 唐辛子など刺激の強い食べものを避ける
  • 睡眠の3時間前までに食事を済ませる

機げっぷが改善されない、げっぷの他に胃痛や胸やけ、胃もたれ、吐き気などの症状もある場合は、消化器内科へご相談ください。

げっぷの症状は、消化器内科へご相談ください

げっぷが増えた、げっぷの他に胃もたれや胸やけ、吐き気、胃痛などの症状がある方は、病気の有無を調べるために胃カメラ検査を受けましょう。 げっぷは、日常生活でよく起こる生理現象ですが、まれに胃腸の病気などが原因で症状が現れる場合があります。当院では、内視鏡専門医が鎮静剤を使用して苦痛に配慮した胃カメラ検査を行い病気の確定診断と適切な治療を行っています。げっぷの症状が気になる方は、お気軽にご相談ください。

げっぷの症状は、消化器内科へご相談ください
Web予約
お電話でのご予約はこちら TEL.000-000-0000
事前Web問診
LINE予約
求人案内
TOP