機能性ディスペプシア dyspepsia

機能性ディスペプシア dyspepsia

機能性ディスペプシアとは

機能性ディスペプシアは、胃の消化機能に異常が見られないにもかかわらず、持続的に胃もたれ、胃痛、みぞおちの痛み、膨満感など上腹部の不快感や痛みが生じる機能性胃腸障害です。

器質的な原因がなく、胃の機能が正常であるにもかかわらず、不快な症状が続く場合は機能性ディスペプシアかもしれません。

機能性ディスペプシアとは

機能性ディスペプシアの原因

機能性ディスペプシアの具体的な原因はまだ完全に解明されていませんが、ストレス、不規則な食生活、過食、喫煙、アルコールの過剰摂取などが引き金となって症状が現れていると考えられています。

また、遺伝的な要因や心理的な側面も発症リスクを高める可能性があります。

機能性ディスペプシアの症状

機能性ディスペプシアの主な症状には、吐き気、げっぷ、胸やけ、食後の胃もたれ、みぞおちの痛み、胃痛、膨満感など上腹部の不快感や痛みなど様々な症状があります。

機能性ディスペプシアの検査

機能性ディスペプシアは、主に症状の詳細な評価と、よく似た症状の疾患との識別のために検査を行い正確な診断をいたします。

一般的には、血液検査や画像検査などの特定の検査では診断が難しい場合は、必要に応じて胃カメラ検査を行います。

機能性ディスペプシアの検査

機能性ディスペプシアの治療

治療は、症状や状態に合わせて行われます。

食事療法や生活習慣の改善、薬物療法が一般的に用いられます。心理的なサポートやカウンセリングも効果的なアプローチとなることがあります。

薬物療法

辛い症状を軽減するために、胃酸分泌を抑制する薬、胃の働きを助ける薬などを使います。

ピロリ菌に感染している場合は、除菌治療を行います。

生活習慣・食生活の改善

自律神経の乱れを正して規則正しい生活を送ることで、症状の軽減を目指します。胃に負担をかけないようによく噛んで食べる、過食を減らす、食後に休憩をとる、水分を多くとる、ゆっくり食べるなどを心がけましょう。

Web予約
お電話でのご予約はこちら TEL.000-000-0000
事前Web問診
LINE予約
求人案内
TOP