虚血性腸炎 ischemic enteritis

虚血性腸炎 ischemic enteritis

虚血性腸炎とは

このような症状はありますか?
  • 下痢が続く
  • 便器が真っ赤に染まるほどの血便
  • 吐き気や嘔吐
  • 強い腹痛の後に下痢が起こる

突然の強い腹痛の後に下痢の症状が起こり、次第に血便が見られるのは虚血性腸炎の典型的な症状です。このほかに、冷や汗などを伴う場合があります。
当てはまる症状がある方は、早めに医療機関を受診しましょう。

腸の血液供給が減少または阻害されることによって引き起こされる炎症性疾患です。通常、腸は十分な酸素と栄養を血液から受け取っていますが、異常な血流が起こると、腸の組織が酸素不足になり、それによって炎症を引き起こします。
虚血性腸炎は、特に腸の一部(特に下行結腸やS状結腸)に発症します。

虚血性腸炎とは

虚血性腸炎の原因

主な原因としては、血栓の形成、血管の狭窄、心血管疾患、動脈硬化などによって発症するほか、食生活の乱れや生活習慣の乱れ、ストレス、便秘などによって発症リスクを高めます。

虚血性腸炎と似た症状の疾患

虚血性腸炎の主な症状は、腹痛、下痢、血便ですが、これらの症状は他の疾患でもよくみられます。虚血性腸炎と類似する症状が起こる疾患は、大腸がんをはじめ炎症性腸疾患や大腸憩室炎などが挙げられます。

大腸がん

大腸がんは、初期の自覚症状はあまりありませんが、進行すると腹痛や下痢、血便など虚血性腸炎と似た症状が起こります。症状だけでは、診断が難しい場合には大腸カメラ検査を行います。

大腸がん
クローン病

口から肛門までの消化管の粘膜に炎症や潰瘍が起こる炎症性腸疾患です。大腸粘膜に潰瘍が広がると、腹痛や下痢、血便などの症状が現れます。

クローン病
潰瘍性大腸炎

大腸粘膜に慢性的な炎症やびらん、潰瘍が起こる炎症性腸疾患です。虚血性腸炎と同じく大腸粘膜に炎症が起こることや腹痛や下痢、血便などの症状も似ていますが、潰瘍性大腸炎は症状が長期化することが多く、症状が強く出る活動期と症状が落ち着く寛解期を繰り返します。

潰瘍性大腸炎
大腸憩室炎

大腸粘膜に憩室という袋状のくぼみに、便が滞留するなどして感染が起こると炎症によって腹痛や発熱、下痢などの症状が現れます。便秘などで強くいきむことで腸内圧力が上がると発症するリスクが高くなります。診断には、大腸カメラ検査で大腸粘膜の状態を調べる必要があります。

大腸憩室炎

虚血性腸炎の診断・検査

大突然、激しい腹痛の症状が起こった後に下痢や血便が出るなどの症状は、虚血性腸炎が疑われます。
虚血性腸炎を診断するうえで行う検査は、血液検査や腹部超音波検査です。また、虚血性腸炎と似た症状の疾患との識別のために、必要に応じて大腸カメラ検査を行う場合もあります。

当院の大腸カメラ検査の特長

大腸カメラ検査は、痛い・苦しいというイメージが先行して検査を受けることを躊躇される方も多くいらっしゃいますが、当院では内視鏡専門医の資格を持つ医師が鎮静剤を使用して苦痛をやわらげて楽に受けられる大腸カメラ検査を行っています。

大腸カメラ検査

虚血性腸炎の治療

軽度な虚血性腸炎の場合、ご自宅で安静と絶食、対症療法によって症状は数日で改善されます。ほとんどのケースでは、一過性のため短期間の治療で済みます。
しかし、腸が壊死する壊死型や病変部によって腸の動きを阻害する狭窄型など、重度な場合には、入院治療や手術が必要になることがあります。病気の進行や合併症の発生を防ぐためには、早期の診断と適切な治療が重要です。入院や手術が必要な方は、速やかに連携している高度医療機関を紹介させていただきます。

虚血性腸炎の治療
Web予約
お電話でのご予約はこちら TEL.000-000-0000
事前Web問診
LINE予約
求人案内
TOP