潰瘍性大腸炎 ulcerative colitis

潰瘍性大腸炎 ulcerative colitis

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は、消化管の一部である大腸(結腸)の粘膜に慢性的な炎症や潰瘍が生じる疾患です。これは炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease、IBD)の一種であり、クローン病とともに広く知られています。ただし、潰瘍性大腸炎とクローン病は異なる疾患であり、症状や治療法が異なります。

潰瘍性大腸炎

主な特徴と症状

大腸の炎症 主に小腸と大腸の粘膜に炎症が生じ、これが継続的に存在します。
潰瘍 粘膜に潰瘍(潰れた部分)が形成され、これが症状の一因となります。
下痢 血便や粘液が混じった下痢の症状が現れます。
腹痛 腹痛や腹部の不快感があります。
発熱 炎症が進行すると、発熱することがあります。
貧血 慢性的な出血により貧血が起こる可能性があります。
体重減少 食欲不振や栄養吸収の障害があるため、体重が減少することがあります。
便秘 一部の患者では便秘が生じることもあります。

潰瘍性大腸炎の原因

潰瘍性大腸炎は通常、免疫系の過剰な反応が関与していると考えられていますが、具体的な原因ははっきりしていません。遺伝的な要因や環境要因も関与している可能性があります。
発症のピークは、男性が20~24歳、女性は25~29歳ですが、若年層だけでなく高齢の方も発症する可能性があります。虫垂切除手術の経験がある方、喫煙者は発症リスクが高くなる傾向があります。

潰瘍性大腸炎の検査・診断

症状や病歴などを確認して、必要に応じて大腸カメラで病気の診断を行います。大腸カメラは、大腸粘膜の炎症や潰瘍を直接観察することが可能です。組織を採取して生検を行い、クローン病など症状が似ている診断との区別や確定診断が可能です。当院で行う大腸カメラは、患者様の不快感を最小限に抑え、楽に検査が受けられるように配慮しています。

大腸カメラ検査

潰瘍性大腸炎の治療法

治療には抗炎症薬、免疫抑制薬、対症療法、または手術が含まれます。治療計画は患者の症状、病態に基づいて治療法を決めていきます。
当院では、症状に合わせて、寛解を目的とした薬物療法を行います。5-ASA製剤の経口薬や注腸薬、重症な場合、ステロイド剤を使用します。抗TNF-α抗体製剤やタクロリムス、α4インテグリン阻害薬など、新しい薬も登場していますので、医師が患者様の状態を確認しながら適切なお薬を処方いたします。

潰瘍性大腸炎の治療法

潰瘍性大腸炎と妊娠

妊娠中の潰瘍性大腸炎の管理は、医師の定期的な診察と適切な治療やケアが重要です。妊娠によるホルモンや免疫の変化に伴い、炎症性腸疾患に影響を与える可能性があります。妊娠中に潰瘍性大腸炎が悪化すると、早産や低出生体重児のリスクが上がる可能性があります。潰瘍性大腸炎がある方は、活動期を避けて医師と事前に相談しながら計画を立てることをお勧めします。
潰瘍性大腸炎の薬は、胎児に影響する恐れがあるので注意が必要です。一部の薬は、妊娠中も影響なく服用可能なため、潰瘍性大腸炎の症状を安定させるために続けることが重要です。ただし、妊娠中に服用する薬については、医師との相談が必要です。また、妊娠中は胎児に影響を与える可能性があるため、大腸カメラ検査を行うことができません。

潰瘍性大腸炎と妊娠
Web予約
お電話でのご予約はこちら TEL.000-000-0000
事前Web問診
LINE予約
求人案内
TOP