バレット食道 barrett

バレット食道 barrett

バレット食道とは

バレット食道は、食道粘膜が変化し、扁平上皮が円柱上皮に置き換わる状態のことを指します。長期間にわたる胃酸の逆流(逆流性食道炎)が原因で発症します。
バレット食道は、置き換わった粘膜が長いほどバレット食道がんになるリスクが高くなります。バレット食道になったら定期的に胃カメラ検査で経過観察しながら食道がんの発生に注意していく必要があります。

バレット食道とは

バレット食道の原因

主な原因は、逆流性食道炎によるものです。胃酸を含む胃の内容物が食道へ逆流することで、食道粘膜が傷ついてびらんや潰瘍などの病変が発生します。このときに、粘膜の修復や治癒の過程で扁平上皮が円柱上皮に置き換わる状態がバレット食道です。

バレット食道の症状

バレット食道自体には特有の症状はなく、通常は逆流性食道炎に関連する症状が見られます。

など

バレット食道の検査・診断

バレット食道は、胃カメラ検査で食道粘膜の状態を確認して診断する必要があります。胸やけや胸痛などの症状があり、バレット食道と診断された方は、定期的に胃カメラ検査を受けましょう。
胃カメラ検査は、粘膜の状態を直接観察して気になる病変は組織を一部採取して病理検査を行うことで確定診断が可能です。当院では、内視鏡専門医が苦痛を抑えて楽に受けられる胃カメラ検査で病気の早期発見に努めています。気になる症状がある方は、お気軽にご相談ください。

胃ポリープの診断・検査

バレット食道の治療

バレット食道は、有効な治療法は確立されておらず、逆流性食道炎の治療や生活習慣の改善で症状を緩和させていきます。ピロリ菌に感染している場合、除菌治療を行います。
薬物療法は、主に胃酸分泌を抑えるプロトンポンプ阻害剤やH2受容体拮抗薬で症状を軽減させていきます。併せて食事制限(脂肪や酸性食品の制限)、食事の改善を行います。カフェインやアルコールは、胃酸の分泌を増加させる作用があるので、過剰摂取を控えましょう。胃酸の逆流を防ぐために、食後はすぐに横にならないようにしましょう。

よくある質問

バレット食道は、手術が必要ですか?

バレット食道には、有効な治療法はありません。進行を抑える・症状を緩和させることを目的とした薬物療法や生活習慣の改善を行います。定期的に胃カメラ検査を受けて、バレット食道がんの発生に注意する必要があります。バレット食道がんに進展した場合、手術が必要になります。

バレット食道は、どのような症状がありますか?

バレット食道は、それ自体に症状はありません。原因となる逆流性食道炎の症状として胸やけや胃痛、のどの痛みなどの症状が現れます。

バレット食道をそのまま放置するのは危険ですか?

SSBEと呼ばれる範囲が狭いバレット食道であれば、がんの発症リスクが低いですが、範囲の広いLSBEと呼ばれるバレット食道は、バレット食道がんのリスクが高いので、定期的に胃カメラ検査を受けましょう。

Web予約
お電話でのご予約はこちら TEL.000-000-0000
事前Web問診
LINE予約
求人案内
TOP